So-net無料ブログ作成

つながっているということ… [自分のこと]

ある日の朝のこと…
とある地下鉄の座席に座ってぐっすり眠っていた男性が
彼の前でつり革につかまって立っている女性に
席を譲った…
男性が立ち上がり、女性が座ろうとした瞬間に
女性は、「じゃあ、がんばってねっ!」って
男性の腰のあたりにぽんっと手で触れた…
「あぁ」
早起きの眠い目をこすりながら男性は短く答えて
振り返るわけでもなく、次の駅に吸い込まれていった

地下鉄の自動改札を通って
地上に出るまでの通路を歩いていると
どこかの小学校の制服を着た小さな女の子が
小さなカバンを大きく開いて
「あれ〜あれ〜っ」って中をカサコソ…
まだまだ大きすぎる紺色の帽子が困ったように左右にゆれる…
そばでは、お父さんがしんぱいがおで見守っている

楽しいことも、嬉しい気持ちも、不愉快なことも、困った心持ちも
たくさん、たくさん乗せて地下鉄は走っていく
出口への階段を上りながら、みんながなにかに必ずつな
がっているって感じたとき…地上の青い空が見えた



☆☆☆☆
最近、自動車通勤から電車通勤に変えましたっ!
ぎゅう〜ぎゅう〜詰めの満員ってわけではなく、ぎゅっって
くらいの混み具合。
それでもパーソナルスペースにたくさんの人がいることには
大いに照れて最初はだいぶとまっどったのですが…
電車に乗っていると、車通勤では感じられなかった感覚が
いくつもあります。
朝の電車では、大きな鏡を取り出して化粧をする女性とか、
そばのサラリーマンとのつり革の争奪戦とか…そんな一瞬間を
見ながらいろいろなドラマを想像しないではいられません。
大きなイベントが終わって一安心!神経が高ぶり眠れません
やはり今日もこのまま仕事に向かうのでしょうね。
イタリアンローストのコーヒー…今日は、どんなことが待って
いるのかな!♬〜♬

nice!(15)  トラックバック(0) 

nice! 15

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。