So-net無料ブログ作成

David Bowie [80年代 Music]

明日は、仕事なのですが、土、日曜にのんびりしすぎて

眠れませんっ!

布団に入ってipadでyoutubeなど観ています。

80年代の音楽シーンは、アメリカの音楽が衰退し、ヨーロッパや

オーストラリアの音楽がどんどんアメリカのヒットチャートに

登場するっというとっても面白い時代でした。

アメリカにいた時にアパートの居住者専用プールで寝ていると誰かが

ベランダで聴いているラジオからヒューマンリーグのーDon't You Want Meー

が流れてきて、このギラギラの太陽に全然似合わないな〜っと思った記憶が

ありますが…

まあ、とにかく私も小林克也さんのベストヒットUSAなど観つつ、自転車で

貸しレコード屋さんに通い詰める洋楽大好き少年だったわけです。

アーティストのPVがMTVや音楽番組でたくさん流され、アーティスト

のファッションやスタイルを真似したものでした。

特にDavid Bowie のこの曲のPVを観た(聴いた)とき、曲の雰囲気や

その音にビックリしたことを思い出しました。(映像は、そんなに良く

なかった印象。)



10年くらい前に日本武道館の来日公演を見に行ったときに、客席には若者も多いが

着物をきたご婦人もいたりして、「きっとこの人の青春にもDavid Bowie がいたのだな」

っと感じ、あらためてステージ上で右足を前にして、マイクを傾けて歌うDavid Bowie

の凄さを感じました。

ところどころ目移りするも結局は、原点は、ここだな〜っと思っております。

今日は、このまま朝を迎えるのでしょうね…

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。